スポンサーリンク

05 彼の部屋のなーこ

「……じゃぁ、今のうちに、帰るね」
 
 私は精一杯、明るい声を作って言った。
 
 諒くんは、私がさっきこの部屋に来たときとは違って、しっかりとした足取りで玄関まで私を見送ってくれたんだけれど、視線は定まってなかった。
 まだ少し、熱が下がりきってないのかもしれない。
 
 諒くんの部屋を出て歩き出した私は、さっき自分に起きていた出来事を思い返していた。
 
 …………なんだったんだろう、あれは。
 あんな諒くん、はじめて見た。
 
 ……正直言うと、ひょっとして、もしかして、もしかしたら……なんて、思ってたんだけれど。
 ……ついでに言うと、ひょっとして、もしかして、もしかするのなら……なんて、覚悟をしつつあったんだけれど。
 
 結局、やっぱり、それ以上は何事もなかった。
 
 じゃぁ、いったい、どういうつもりであんなこと……?
 
 …………しばらく、ぐるぐると考えをめぐらせてみたけれど。
 もしかしたら、考えるだけ無駄なのかもしれない。
 
 だって、あの諒くんだもの。
 きっと、意味なんてなかったんだろう。
 
 
 
 ****
 
「…………何やってんだ、俺は」
 
 彼女を送り出した僕は、へなへなとベッドに座り込んだ。
 
 もしも、あのまま、彼女の身体を抱きしめ続けていたとしたら。
 ……僕は、彼女との一線を越えないでいられる自信がなかった。
 
 いっそのこと、越えてしまおうかとも考えた。
 
 彼女から伝わる、強い光と、鼓動と、温もり。
 いまでも、その感覚が僕の腕の中に残っている。
 
 だけど、僕はなんとか踏みとどまった。
 なぜなら、今はまだ越えてはならない理由がある。
 
 僕は、深いため息をついた。
 
「…………いつまで耐えられるか……なぁ」
 
 今度、同じような事態が起きたら、それこそ…………。
 
 ――――ぐうぅぅ……。
 僕の腹の虫が鳴った。
 
 そういえば、結局昼過ぎに彼女が買ってきてくれたスポーツドリンクとアイスを食べた以外、何も口にしていない。
 
 熱も下がって、食欲も出てきた、ということか。
 腹が減っては、なんとか、とも言うし。
 
 気を取りなおして、僕はある人に電話をかけた。
 
 
「……あ、もしもし。……ちょっと頼みがあるんやけど……」
 
 
 
 ****
 
 諒くんのマンションのロビーから、強く降り始めた雨の中に飛び込もうとしたときだった。
 
「あっ! 傘……」
 
 私、諒くんの部屋に傘を置いてきてしまった。
 そうとう、動揺していたらしい。
 
 さっき、あんなことがあった後だから、『きっと、意味なんてなかったんだ』と思うことにしたとはいえ、取りに戻るのには、かなり勇気が要る。
 
 だからと言って、ここから私が住んでるアパートまで、歩いて5分もかからない距離だけれど、さすがにこの雨の中を濡れながら走って帰るのは、どうかと思う。
 
 私は、腕組みをしてしばらく悩んだ。
 こうして、考えている間にもどんどん雨足は強まっていく。
 
 ……大丈夫よ、傘を取りに戻るだけだもの。
 
 私は意を決して、諒くんの部屋へと引き返した。
 
 ……のは、いいんだけど。
 いざ、玄関の前に立つと、やっぱり緊張してしまった。
 
 落ち着け、私。
 ちょっと、シミュレーションしてみよう。
 
 まず、玄関のチャイムを押して。
 で、諒くんが出てきたら、
『ごめんね、傘忘れちゃって……』って、努めて笑顔で言って。
 傘(確か、玄関入ったすぐの傘立てにあるはずだ)を手にしたら、
『じゃぁ、また。お大事にね』って、帰ればいい。
 
 どこにも、不自然なところはない……よね?
 私、チャイムを押した。
 
 ――――ガチャッ。
 
「ごめんね、私、傘……忘れちゃっ……」
 
 そこで、私の言葉は止まってしまった。
 なぜなら、シミュレーションでは想定してなかった事態が起きたからだ。
 
 すなわち、玄関のドアを開けて出てきたのは、諒くんではなかった。
 
 私、部屋を間違えたのかと思って、表札を確認した。
 名前は出てないけれど、部屋番号からして、諒くんの部屋に間違いないはずだ。
 
 でも……じゃぁ、なんで?
 なんで、ここに、あの『なーこ』がいるの……?
 
「あ……、道坂サン?」
 
 なーこは、特別驚いた様子も、訝しんでる様子もなく、私の顔を見ている。
 私の思考回路は、既に停止した状態。
 
「諒クンなら、いまシャワー浴びてますけど」
 
 と、なーこは浴室の方に視線をやった。
 
 なんで、あなたが諒くんの部屋にいて、なんで諒くんはシャワー浴びてるのよ?
 
 ……と、問い詰めようにも、声が出てこない。
 どんな答えが返ってくるのか、怖かった。
 
「あ、えっと……傘……」
 
 やっと出てきた言葉は、それだけだった。
 
「あぁ、……これっすか?」
 
 なーこは、傘立てから私の傘を抜き取って、私の前に差し出す。
 私、黙ってそれを受け取るしかなかった。
 
 そのとき、浴室から声がした。
 
 はっきりとは聞こえなかったけれど、多分、誰が訪ねてきたのか、という内容で。
 確かに諒くんの声だ。
 
「新聞の勧誘――っ!」
 
 なーこは、浴室に向かって叫ぶと、今度は、私に向かって笑顔を見せて、
 
「じゃ、そういうことで」
 
 と、玄関のドアを閉めた。
 勝ち誇ったような、笑顔。
 
 …………いったい、なんなの?
 
 それまで停止していた思考回路は、わけのわからない異常な回転を始めて。
 あのコから受け取った傘をさすことも忘れて、既にどしゃぶりになっている雨の中を、自分のアパートへと帰っていった。
 
 
 

0