スポンサーリンク

13 誰やねん、この若いにーちゃん。

 そして、番組終了後。
 
「――どういうことですか」
 
 高橋クンと道坂サンの事務所関係者が、わざわざスタジオに乗り込んできた。
 
「……すみませんでした。全部、僕の責任です」
 
 高橋クンが、深く頭を下げた。
 
「あんたね、高橋に付きまとわないでくださいよ。何年か前にも、あったでしょう? あんた、またうちの大事な商品を潰す気か!?」
 
 高橋クンの事務所の人が、道坂サンに詰め寄った。
 
「本人を前にして『商品』なんて言い方、ちょっとどうかと思いますけど」
 
 見かねて、ボクが口を挟んだ。
 
「何年か前って、あれでしょう? ウチの番組で高橋クンがプールに落ちて、熱出したやつ。あれ、ただの偶然の事故ですやん。道坂サンが故意にしたこととちゃいますよ」
 
 ボクが援護すると、高橋クンはそれに続けて言った。
 
「そうですよ。それに、僕はすぐに熱も下がって、その後の仕事にはなんの影響もなかったじゃないですか」
「しかしね……」
「だいたい、彼女が僕に付きまとってるんじゃありません。僕が、彼女に付きまとってるんです」
 
 高橋クンは、事務所の人をまっすぐ見て言った。
 
「お互いの仕事には絶対に悪影響を与えません。だから……お願いです。僕のわがままを聞いてください」
 
 再び、高橋クンが深く頭を下げる。
 
「……そんなわがまま、聞けるわけないだろう!? おまえに、何年もの間、いくらかけてきたと思ってるんだ! この先、既に大きな仕事も決まって―――」
「もう、そのくらいでイイんじゃナイ?」
 
 背後から、怒り狂う事務所の人の言葉をさえぎったのは……。
 ……おや? なんや、見たことない、若いにいちゃんや。
 
 見たところ、20歳前後の……いや、もっと若いか?
 かなり小柄で華奢な、なかなかのイケメンにいちゃん。
 
「あ、あなたは…………」
 
 高橋クンの事務所の人の顔色が変わった。
『Hinata』の3人も、驚いた顔をしている。
 
 若いにいちゃんは、ゆっくりと前に歩み出た。
 
「高橋がさ、『仕事に悪影響を与えない』って言い切ってるんだ。結婚ぐらい、させてやったら?」
「いや、でも、しかし……ですね……」
「このボクが、イイって言ってるんだ。それとも、現場を離れたボクには、そんな発言権はナイって?」
 
 事務所の人は、黙り込んでしまった。
 このにいちゃん、このエラそうな事務所のおっちゃんよりも、立場が上なんか?
 
「ここで結婚させてやんなかったら、逆に事務所のイメージ悪くなっちゃうと思うよ? まぁ、ボクは事務所がどうなったって、知ったこっちゃナイけど」
 
 若いにいちゃんは、アメリカ人のように両手を広げて肩をすくめた。
 
「なんだったら、万が一のことがあったらボクが全責任を取ってあげるよ。中川と違って、ボクにはそれだけの力があるし?」
 
 今度はおどけた調子で、若いにいちゃんは中川クンの方に視線を投げた。
 中川クンは、苦笑い。
 
「さぁ、どうする? 結婚を認めてやんないって言うなら、いまココでボクが『Hinata』をまるごと買い取って独立してやってもいいケド?」
 
 若いにいちゃんは、事務所の人を挑発するように笑った。
 
「……わかりました。高橋の結婚を……認めます」
 
 それだけ言い残して、事務所の人は去っていった。
 
『Hinata』の3人が、若いにいちゃんのところに集まってきた。
 昔からよく知っている、という感じ。
 高橋クンが、ひたすら若いにいちゃんに頭を下げる。
 ……このにいちゃん、何者やねん?
 
 
 後に、高橋クンにその『若いにいちゃん』について聞いてみたんやけど。
 
「あぁ……彼は、ちょっと……ワケありなんですけど。企業秘密な人で」
「企業秘密?」
「えぇ、うちの事務所の……まぁ、すごい人です」
 
 と、言葉を濁していた。
 
 
 
 まぁ、何はともあれ。
 その、『若いにいちゃん』の出現によって、高橋クンと道坂サンの結婚が無事、認められることになったわけです。
 
 
 
 

0