スポンサーリンク

第二章 小っさいおっさんの、大きな野望 Epilogue

 そんなわけで。
 彼らのお話の裏では、こんなにいろんなことが起きていたんですわ。

 これで、いろいろとすっきりしたでしょう?
 まぁ、新たな謎も、生まれたかもわかりませんけどね。

 冒頭でお話した、花本サンの『大きな野望』の達成は、もうちょっと先の話になりそうです。

 ……え、ボク?
 ボクにもね、いますよ、大切な人が。

 もう、10年以上も前から、ボクの心の中だけで生きてますけど。
 その彼女と一緒に、いつもみんなの幸せを願ってます。

 それが、ボクの幸せなんです。

0