スポンサーリンク

第四章 ボクの『妹』 Prologue

 
 ボクは、一人っ子だ。
 
 とはいっても、物心ついたころから友達は多かったし、両親がわりと若くてまだ子供っぽい部分を持っていたせいか、ボクは彼らを『両親』というよりは『兄姉』のように見ていたこともあって、自分が一人っ子であるということを気にしたことは一度もない。
 
 だけど、あいつに初めて会ったときには、正直、『妹』っていいなぁ……と思った。
 
『あいつ』っていうのは、もちろん、ボクと同じHinataの高橋たかはしの妹の、奈々子ななこのことなんだけど。
 
 ……あ、言い忘れてたけど、ボクの名前は、中川盟なかがわ めいっていうんだ。
 
 アイドルグループ『Hinata』の、司会進行役というか、しゃべり担当かな。
 
 ぶっちゃけ、歌もダンスも演技もあまり得意な方ではないから、そっちの方は他の二人にまかせて、ボクはボクのできることを頑張ってる、と言った方がいいかもしれない。
 
 そんなボクが、あいつに出会ってから13年後のある日行われた友人の結婚パーティーの二次会で、あいつに久しぶりに再会するところから、このお話は始まるんだけど。
 
 ボクはよく、思い出話の途中で、タイムスリップしたような感じになっちゃうから、ちゃんと話についてきてね。
 
 
 
 

0