スポンサーリンク

09 合コン。

 
 いつもの『アイスティー』のグラスを手に、さっきまでいた席に戻る途中。
 お店の入口から少し入ったとこで、あたしは大事な片割れを見つけた。
 
「SHIO!」
 
 呼び掛けると、片割れのSHIO――汐音しおねは、くるりと振り返って、
 
「あぁ、よかった。思ってたより人が多いから、見つからないかと思った」
「ホント、マジですごくない? きょうの合コンって、芸人さんが多いよね」
「合コン? ……あんた、また何言ってんの?」
「……あれ? ち、違った?」
「念のため聞くけど、奈々子の中では『合コン』ってどういう意味なの?」
「んー……『楽しいパーティー』?」
 
 あたしが答えると、汐音は苦笑い。
 
「まぁ……それならきょうも『合コン』ってことになりそうね」
 
 
 
 
 汐音と一緒に席に戻ると、待っててくれてた芸人さんたちがいろんなネタを見せてくれた。
 あたしは(世間には知られてないけど)大阪出身だし、お笑いは大好き。
 
 ちなみに、汐音の出身は、……えーっと、実は地名を聞いただけだと全然分かんなくて、なんとか理解できたのは、『日本地図の上の方』。
 お笑いは『好き』とか『嫌い』の前に、『よく分からないから楽しめない』んだって。なんだかちょっともったいないよね。
 
 でも、こういうのって『教えてあげられる』ものでもないし。あたしも、汐音の好きなコトにはキョーミなかったりするし。オタガイサマってやつ?
 ま、キャラ的にもニコニコ笑顔担当は、あたしだし。別にいいんだけど。
 
「あ、そうだ。なーこちゃん、一緒に写メ撮ってくれない?」
 
 携帯を片手に近づいてきたのは、いま人気急上昇中の若手お笑いコンビ『ぽんにゃ』の金井さん。
 あたし以上にお笑い大好きな諒クンも、実は密かに『ぽんにゃ』が大好きだったりする。
 
 ……そうだっ。あとであたしの携帯でも写メ撮ってもらって、今度諒クンに自慢しよっ。
 
「いいっすよぉ。ぜひぜひっ」
 
 顔を寄せて、3……2……1……カシャッ!!
 
「あっりがとうぅ~なーこちゃんっ。うわぁ~、さっすがアイドル。写メで撮ってもカワイイなぁっ」
「そうっすかぁ? ありがとうございますっ。あの、今度はあたしの――」
「あぁああっ!! 金井、ズルイやんっ。なーこちゃん、今度はオレと一緒に写メお願いっ!!」
「……あ、もちろんっ、いいっすよっ」
 
 ……って、写メお願いするタイミング、完全に外したっ。
 でもここは、笑顔をキープ。これもある意味、『仕事』の一つ。
 
 天然キャラ(のつもりはないんだけど)で、ちょっと不良(だったのは、ハハアニなんだけど)っぽくて、でも、ときどき見せる天使の笑顔(には自信アリっ)。
 そんな『Andanteなーこ』をキープする方が、諒クンに自慢するための写メより大事なんっすよ。
 
「じゃぁ、今度は俺もっ」
 
 周りにいた芸人さんたちが、次から次へと携帯片手にやってくる。
 あれもこれも全部、『仕事』だし。笑顔、笑顔っ。
 
 ……でもね、ショウジキ言うと。
『Andanteなーこ』をキープするより(もちろん、諒クンへの自慢より)、あたし的に、もっと大事なことがある。
 
 だって、やっと会えたんだもん。
 いまのあたしは『諒クンの妹』としてこの合コンに来てるんじゃないっしょ?
 諒クンとの約束は、ちゃんと守ってるよ。だから……少しくらい、いいっしょ?
 
 もっとたくさんお話したいよ、盟にぃ――――――――……あれ?
 
「なーこちゃん、次、オレらねっ。――はい、キムチっ」
「うわぁ、『はい、キムチ』って。おまえベタすぎて引くわっ」
 
 いま……一瞬、盟にぃと目が合った……よね?
 
「ほな、何て言うたらええねんっ。『1足す1は、2ぃ~っ』か?」
「だからベタ過ぎるっちゅーの。芸人やったらもっとオモロイ何かあらへんの?」
 
 目が合ったってことは、それって、盟にぃがあたしのこと、見ててくれたってこと……だよね?
 うっきゃぁぁぁっ!! なんか、超うれしーんだけどっ!!
 
「おまえセンスないわぁ。芸人向いてへんよ。……なぁ、なーこちゃんも、そう思うやろ?」
「ふぇっ!? ええぇっと、……そ、そうっすねっ。あたしもそうかなぁ~って、思いますよっ」
 
 あたし、訳も分からず笑顔を作って返事をすると、周りの芸人さんたちは(悲しそうな表情をしている一人の芸人さんを除いて)大爆笑(……あたし、また何かおかしなこと言ったかな)。
 
 と、携帯を片手に持った『ぽんにゃ』の金井さんは、あたしの目の前までやってきて、
 
「ねぇねぇ、なーこちゃん、メアド教えて? いまの写メ送るからさっ」
 
 ……え、マジで?
 全然、おっけーっすよっ(諒クンに自慢もできるしっ)!!
 
 笑顔で口を開きかけた瞬間、テーブル下の足元に軽く何かがぶつかる。
 
 ――――『教えちゃダメよ。』
 
 隣に座ってる汐音の声(っつーことは、さっきぶつかったのは汐音の足だね)。
 
「……あ、すんません、あたし、ケータイ持ってないんっすよ」
「ええ? いまどき? マジで?」
 
 ……ホント、『いまどき?』だよ。こんなウソ。
 いいじゃん、別に。メアドくらい、教えたって。
セイジュン清純路線は流行らない』って言ってんだから。
 フツーに男友達作って、メールとか遊びに行くとかくらいしてみたい。
 いつまでも、汐音から聞いた体験談だけじゃ、『Andanteなーこ』を作ってけない。
 
『なーこは変な男にひっかかって、利用される』なんて。
 汐音も事務所も、あたしを心配してくれるのはウレシイけど。
 あたし、盟にぃ以外の男のヒトにはキョーミないし――――――。
 
「……ちょぉ~っと、すいませんっ!! 盛り上がってるとこ、失礼しまっす!!」
 
 芸人さんたちのカベの向こうから声が聞こえた。
 
「みなさんばっかり、ズルイっすよ。ボクらも、なーこちゃんたちとお話したいなって思ってたんですからっ」
 
 カベをこじ開けてやってきたのは……うわぁっ!
『グレーのスーツを着た王子様』!!
 
 盟にぃ(……と、直にぃ)の『営業スマイル』に芸人さんたちはタジタジ。
 
「と、いうわけで、このふたりお借りしますねっ! なーこちゃん、SHIOちゃん、おいで?」
 
 盟にぃは、今度はあたしに向かって『営業スマイル』。
 同時に、盟にぃの考えてることが頭の中に流れ込んでくる。
 
 ――――『奈々子、こんな若手芸人に囲まれてたって、つまんないだろ? 無理して笑顔作ってんのも、しんどいだろ? ボクが助けてやるよっ!!』
 
 あ……、あたしのコト、心配してくれたんだ(芸人さんたちのお話は楽しいんだけど)。
 やっぱり、(くどいようだけど、諒クンとは大違いで)盟にぃってばやさしいっ!!
 
「あ、はいっ。……ほら、SHIOも、いこ?」
「…………わ、わたしは……」
 
 ……ん? なんでかな。汐音の表情が、ちょっとカタイ気がするんだけど。
 
「せっかく声掛けてもらったんだし、行こうよっ」
 
 それでもあたしは、お構いなしに汐音の腕を掴むと。
 芸人さんたちに『営業スマイル』を振りまきながら、盟にぃ(と、直にぃ)の待っている
 ところまで引っ張っていった。
 
「あ、ありがとっ」
 
 あたしが小さな声でお礼を言うと、盟にぃは穏やかに笑って、あたしの肩をポンッとたたいた。
 
 ――――『……いやいや、かわいい『妹』のためだから、ね』
 
 ……ああぁ、やっぱり『妹』(がっくし)。
 
 
 
 
 
 
 
 盟にぃとあたしとで、二人分(あたしと汐音ね)のドリンクを取りにいく。
 汐音はいつもモスコミュールをよく飲んでるから、それでいいよね。
 あたしは、いつもの『アイスティー』。さっき作ってもらった分は、もうすっかり空っぽだし。
 受け取って、盟にぃと一緒に席に戻ろうとすると、バーテンさんに呼びとめられた。
 
「……あ、なーこさん、ちょっといいですか? なーこさんに、ちょっとお話したいことがあるんですけど……」
 
 え、あたし、また何か変なコトしたかな……。
 このお店でやっちゃったかもしれない『アレコレ』を思い出していると。
 盟にぃが、あたしの肩をトンっとたたいた。
 
「なーこちゃん、ボク、これ持って先に行ってるね」
「え、あ、はいっ」
 
 あたしがニコッと笑って返事をすると。
 盟にぃの顔が一瞬固まって、次に、うんうんってうなずいて笑う。
 
 ……え、なになに、なんなのっ? 意味わかんないしっ。
 っつーか、なんでこういうときって、考えてるコト聞こえてこないかなっ。
 余計に気になるしっ!!
 
 
 
 
 
 

0
第五章 あたしの初恋
ころみ堂defrag