スポンサーリンク

第五章 あたしの初恋 Epilogue

 
 
 地下駐車場のロビーに通じるエレベータ。
 いつも乗り慣れてるけど、今日はなんだかウキウキしちゃう。
 
「だから、ニタニタし過ぎだって」
 
 希クンに言われても、ぜーんぜん、ヘイキ。
 だって、大好きな盟にぃと一緒にケーキ食べに行くんだもん。
 これで、顔がニヤけない方がおかしいっしょ。
 
 エレベータのスピードが遅くなって、止まって……。
 ああぁぁ、このエレベータのドアって、開くのにこんなに時間かかったっけ?
 
「そんな、焦らなくてもさ、約束しといて勝手に帰るようなヤツじゃナイでしょ」
「わかってるけどっ!!」
 
 ようやくドアの開いたエレベータを飛び降りて、……あ、いた!!
 いくつか並んで置いてある長椅子のところに、盟にぃ。
 ……と、その向こう側に。
 
「あっ、諒クン、道坂サン。お疲れッス!!」
 
 ビシッと片手を上げて、ごあいさつ。
 そんなあたしを見て、道坂サンは、ほんのちょっとだけ、苦笑い。
 よかった。もう、嫌われてないみたい。
 
「あぁ、奈々子。おまえも今から帰るんか? なんやったら、一緒に乗ってくか?」
 
 諒クンが、手にしていた車のキーを見せる。
 
 
 イヤだ。乗ってかない。
 
 
 ……って、デッカイ声で言おうと思ったんだけど、やめた。
 だって、盟にぃの前で『ワガママな妹』したくないし。
 
「あ、えっと……」
 
 盟にぃを見つめて、諒クンの『乗ってくか?』をどう断ったらいいか困ってる、フリ。
 なんとかうまいこと断って!! ……というあたしの祈りは、割とあっさりと届いた。
 
「いくら奈々子がおまえの妹だからって、そんな野暮なことするかよっ。おまえ、東京に帰ってきたの一か月ぶりくらいだろ? せっかくのイブだし? 一分一秒でも早く、『彼女』と二人っきりになりたいだろ?」
「……そうは言っても、僕、スタジオでの映画撮影がまだ残ってるんだよね。今日もこれから一度帰って……2時間後には出ないと……」
「じゃぁ、なおさらじゃん。さっさと帰れよっ。安心しろよ、奈々子はオレが送ってってやるから。なぁ、奈々子」
 
 盟にぃは振り向いて、諒クンには見えないように、あたしに軽く、ウィンク。
 ……さすが、盟にぃ。カンペキ。
 
「うんうんっ。諒クン、そういうことだからっ」
 
 あたしが言うと、諒クンはあたしのちょっと後ろにいる希クンに視線を向けて……何かを伝えるように笑う。
 
「……『作戦成功』、だって」
 
 希クンは、ぽつりとつぶやいた。
 
「え、希クンも聞こえたのっ?」
「聞こえてないケド、そーいう顔してたでしょ」
 
 小声で希クンと話しながら、駐車場へと消えていく諒クンと道坂サンを見送る。
 
「……なんなんだ? いまの妙な『笑み』は?」
 
 今度は盟にぃがつぶやいた。
 
「さぁーね。高橋はさ、ちょっと人とズレてるとこあるし、別に意味ナンてないんじゃナイ?」
 
 言いながら、希クンは自販機でミネラルウォーターを買う。
 盟にぃには、『作戦カイギ』のコトはナイショ、ね。
 
「そろそろボクも帰るよ。あんまりウチの子猫を待たせておくワケにもいかナイしね」
「あ、希さん、子猫ちゃんたちによろしく伝えておいてよ」
「うん? あぁ、リョーカイ」
 
 盟にぃの言葉にうなずいた希クンは、駐車場へと向かう。
 
「あ……、希クンっ!!」
 
 あたし、大事なことを思い出して、希クンを呼びとめた。
 振り向いた希クンに、思いっきり手を振って叫ぶ。
 
「希クン、ありがとーっ!!」
 
 希クンは、何も言わずに背を向けて、ペットボトルを持ってる手を軽く上げた。
 考えてるコトは聞こえてこないけど、希クンが言いたいことは。
『ドウイタシマシテ』、だと思う。……たぶん、だけど。
 
「……奈々子ぉ」
「ん? 何?」
「今の……何? 『ありがとー』って」
 
 なんだかちょっと不機嫌そうな顔で聞く盟にぃに、あたし、人差し指を唇にあてて、答えた。
 
「んー……内緒っ」
 
 希クンの考えた『作戦』がなかったら、あたしはここにはいなかった。
 きっと、テレビや雑誌の中で笑ってる盟にぃに憧れてるだけだった。
 それがダメってわけじゃないけど、でも、そんなの、あたしらしくないって思う。
 
 ゆっくりでも、自分の力で、一歩一歩前へ。
 
 ……ホントは、自分だけじゃなくて、たくさんの人の力も借りちゃってるけど。
 とにかく、あたしが『あたしらしく』いられてるのは、希クンのおかげ。
 だから、希クンにはカンシャしなきゃ。
 
「じゃぁ、オレたちも行くか? 今日は車で来たから、おまえの行きたいところに連れてってやるよ」
 
 盟にぃは駐車場の方を指差して、あたしに笑いかけた。
 
 ――あたしの行きたいところ?
 
「ホント? じゃぁね、あたしね…………遊園地に行きたいっ!」
「ゆ、遊園地ぃ?」
 
 盟にぃは呆れた様子で聞き返す。
 
「う~ん……連れてってやりたいけど、もう夜遅いし、営業してないんじゃないかな」
「大丈夫っ。あのね、イブは夜中の3時くらいまでやってる遊園地があるんだって。汐音が言ってたの」
「イブ……夜中の3時……あぁ、そういえば聞いたことあるような気がするな。誰から聞いたんだったかな…………高橋かな?」
 
 腕組みして考えてた盟にぃは、うんうんとうなずいて、
 
「…………あー、思い出した。あの遊園地だ。うん、場所も分かるし、連れてってやれるけど……ホントにそこでいいのか?」
 
 あたし、笑顔でうなずく。
 
 クリスマスイブに、大好きな盟にぃと遊園地でデート。
 ……これって、サイコーにゼイタクってヤツじゃない?
 
「んじゃぁ、決まり」
 
 そう言って、盟にぃは駐車場へ、ゆっくりと歩き出す。
 あたし、そのほんの少しだけ後ろを、盟にぃと同じペースで歩いた。
 盟にぃの真横を一緒に歩ける日はいつかな、なんて考えながら。
 
 あたしの初恋は、まだまだ続く。
 

0