スポンサーリンク

08 挙動不審。

 
 翌朝目が覚めたとき、部屋に盟の姿はなかった。
 脱ぎっぱなしの服も、置きっぱなしのマグカップもない。
 ということは、わたしが眠っている間に帰ってきてまた出かけた、ということもない。
 
 昨日は、システム部に所属している文香の的確な指示と、紘子からのハンバーガーの差し入れのおかげで、思っていたよりも早く作業を終えることができた。
 日付が変わる前には盟の部屋にいて、なんとなく見ていたテレビに映っていたHinataの新曲のPVの中の盟が、やっぱり普段わたしが見てる盟とはどこか違うな……なんて思いながら、盟の帰りを待たずに眠ってしまったのだ。
 
 わたしは、まだ冷蔵庫に残っていたシチューを電子レンジで温めなおして朝食にした後、せっかくの休日、このまま盟を待ってるだけじゃもったいないから……と、掃除や洗濯を始めた。
 
 この季節の朝はやっぱり気持ちがいい。
 今日はほぼ快晴で、空の高い所にぽつりぽつりとだけ、小さな雲が浮かんでる。
 洗濯物を干し終えて空を見上げていると、部屋の中から、物音が聞こえた。
 
 盟が帰ってきたのかな?
 
 そっと部屋の中を覗き込むと、盟はソファに仰向けになって雑誌を見ていた。
 盟が手にしていたのは、女性向けファッション誌の『en-en』。
 それを見ながら、口元をゆるませて……時々何か独り言を言ってるみたい。
 テレビ画面に向かってツッコミ入れてることはよくあるけど、雑誌(しかも、マンガならまだしも女性向けファッション誌)に向かって何を言ってるんだろう?
 
 部屋に入ろうと思って少し窓を開けると、ちょうど盟の独り言が聞こえてきた。
 
「……やぁっぱり、この笑ってるのがいいよなぁ、『ななこ』らしくて」
 
 ――『ななこ』?
 
 聞き覚えのない名前だった。
 盟は基本的に、会話に出てくる芸能人のことは『○○さん』『○○ちゃん』と話すことが多い。
 呼び捨てにするのは、同じ事務所の後輩やごく一部の親しい人だけで、そのほとんどが男性。
 
 それなのに……『ななこ』って、誰?
 
 目をこらして、表紙に写ってるのが誰なのか確認する。
 わたし、息をのんだ。
 
「……あれ、盟。おかえりっ」
 
 わたしは、盟の帰りにたったいま気づいたような感じを装って窓を開けた。
 
「えっ? うわっ! さ、紗弥香!?」
 
 盟はソファからガバッと飛び起きて、慌ててバタンと雑誌を閉じた。
 
「なっ……え? もう9時過ぎてるぞ? 仕事はっ!?」
「うん、実は……昨日、課長にお願いして、お休みもらっちゃったっ。その分、昨日は残業してきたの。それで、ほら、会社からだと、わたしの家よりこっちのが近いから……」
「えっ……何時に来たの?」
「夜11時過ぎかな?」
 
 言いながら、わたしは洗濯かごを抱えて部屋に入った。
 
 ――――盟が、おかしい。
 なんとなくだけど、直感でそう思った。
 
「盟は、朝まで仕事だったんでしょう? いつも、お疲れ様ですっ」
「えぇ? あ、ああ、うん。そう……仕事。実は、全然寝てないんだ」
 
 声のトーンが普段より高いどころか、思い切り上ずってる。
 視線は、ただ逸らしてるだけじゃなくて、上下左右に動いて落ち着きがない。
 何か……嘘をついてる。
 
「それ、『en-en』じゃない? 盟がこんな雑誌買うなんて、珍しいね」
 
 わたしは、盟が持ってた雑誌をひょいっと手に取った。
 
「え? そ、そうかな……」
「うん。盟って、『週刊少年なんとか』みたいなマンガしか買ってこないと思ってた。……あ、これ、Andanteのなーこだ」
 
 いかにもいま気づいたような感じで、『en-en』の表紙を飾る女性の名前を口にした。
 やっぱり間違いない。
 盟が口元を緩ませて独り言を呟きながら見つめていたのは、Andanteのなーこだった。
 
「ア、アアAndanteのななな、なーこ、ちゃん、の、こと、ししし知ってるんだ?」
 
 今度は、声が上ずってるだけじゃなく、どもってしまっている。
 いまの盟の状態を『挙動不審』という言葉以外で説明しようと思っても、きっと日本中の国語辞典を読み漁ったって、無理だと思う。
 
「……いまどき、Andanteを知らない人の方が珍しいでしょ? 盟は、会ったことあるの?」
「ええぇ? だ、誰に?」
「だから、このコ」
 
 と、わたしは雑誌の表紙に載っているAndanteのなーこを指差した。
 すると、盟は言葉を探すように視線を上に向けて、
 
「あ……し、仕事では、アレかな。ときどき歌番組で一緒になるくらいで……。あの、でも、この間の水谷さんのパーティーの二次会のときに会って、少しだけ話したよ。少し……だけ」
 
 と、少し落ち着いた声で話した。
『ウソは言ってないぞ』って、顔に書いてあるみたい。
 
「ふぅん……そうなんだ」
 
 わたしは、何も気にしていないフリをしながら、『en-en』をぱらぱらとめくった。
 
 明らかに、『Andanteのなーこ』と盟は、『何か』があったんだ。
 
 いつもなら家に着く前に歩きながら食べ終えてしまうはずなのに、まだコンビニの袋に入ったままになってる、リビングテーブルの上の肉まん。
 仕事が大変だったときには必ずぼろぼろと出てくるはずなのに、『全然寝てないんだ』としか言わなかった愚痴。
 満員電車で付いたなら上に着ていたジャケットにつくはずなのに、その下のシャツの肩にうっすらと付いているファンデーションらしき汚れ。
 ……それに加えて、さっきからの盟の挙動不審ぶりと、『Andanteのなーこ』が8ページにわたって特集されている、盟が買ってきたこの『en-en』。
 これだけ揃ってて、『怪しい』と思わない方がおかしいと思う。
 
 肉まんがまだ食べられていないのは、食べたくて買ったんじゃなくて、雑誌のついでに買ったから。
 仕事の愚痴が出てこないのは、朝帰りになった理由が仕事じゃなかったから。
 ファンデーションがシャツに付いているのは――――。
 
 …………だめ、やめよう。
 これ以上考えたら、頭がおかしくなりそう。
 
 それに……もし、『Andanteのなーこ』と何があったとしても。
 盟が、わたしに対して後ろめたい気持ちを持ってて、嘘をついているんだとするなら。
 少なくとも、いまわたしと別れる気はない……ってこと。
 
 ――それで、いいの。
 それ以上を望んだら、きっと罰が当たる。
 元々、愛されてないのは分かってるし。
 ここで盟を追及したって、ただの『鬱陶しい女』になってしまうだけ。
 
「……あ、この雑誌、高橋くんが連載してるの、知ってる?」
「え? た、高橋が?」
「うん。……あ、あった。これ」
 
 わたしは何も気づかなかったフリを続けながら、盟と同じHinataメンバーである高橋諒くんが連載しているページを開いて盟に見せた。
 話題が変わってホッとしたような表情を見せた盟は、雑誌の中の高橋くんの写真を見つめて……次の瞬間、ハッと表情を変えて、
 
「あぁああぁ…………そうだった……」
 
 高橋くんの写真を見つめたまま、盟はぼそぼそっと呟きながら頭を抱えた。
 なんだろう。仕事のことでも思い出したのかな?
 
「……盟? 顔色悪いよ? 大丈夫?」
「ん……大丈夫。ちょっと……疲れただけ」
「そう? あ、お風呂入る?」
「いや……いまはいいよ。とにかく……眠い」
「……そっか。じゃ、着替え出すね」
 
 そう言ってわたしがクローゼットの前に立つと、盟は着ている服を脱ぎながら、
 
「紗弥香……ごめんな?」
「……ん? 何が?」
「その……せっかく頑張って残業して、休みにしてもらったんだろ? なのに……なんか、ボクのせいで出かけられなくて」
 
 本当に、申し訳なさそうな顔。
 少し離れたソファに座った盟の、わたしの方を見上げるような眼が、道路脇に捨てられてる子犬みたい。
 
 盟、その眼はずるいよ。分かっててやってるの?
 愛してないなら、もっと冷たくしてほしい。
 そんな風に、気を遣ったりしないで。
 盟がそんなだから、憎めないし……責めることもできない。
 だけど……。
 
 わたしは笑顔を作って、盟の方へと向けた。
 
「んーん、仕事で疲れてるんでしょ? わたしは、勝手にお休みもらっただけだし」
 
 わたしの言葉を聞いた盟は、一瞬顔を引きつらせて、「そ……そっか」と、苦笑い。
 
『仕事じゃなかった』って分かってるのに、こんな言い方するなんて……わたしって性格悪いっとか思ったけど。
 これくらい……いいよね?
 
 
 

0